「不動産投資、検討したいのですが、まずは、どの会社に資料請求をしてみるのがいいですか?」

不動産投資の資料請求は慎重に。

本日に至るまでの間に、私は、37社の不動産事業者に、不動産投資に関する資料請求を行いました。

少なくとも、ネット上で見当たる限りの、不動産投資関連の事業者には、
あらかた、資料請求をしたつもりです。

尋常ではない数の資料請求を行った理由は、下記2つです。

  • 大金をかけて(借金をしてまで)行う、不動産投資。事前の情報収集は、多ければ多い方がいい、と考えたからです。
  • 資料請求をしてみることで、まずは、その不動産会社の雰囲気・第一印象も、掴みやすくなるだろう、と考えたからです。

結果として、いい意味でも、悪い意味でも、私の考えていた通りになりました。

まず、非常に良心的な、
「ああ、この会社さんと一緒だったら、不動産投資、頑張っていけそうだな」
と感じることの出来る会社さんに、巡り合うことが出来ました。(=その会社さんについては、この後、ご紹介します)

しかし、その反面、「困ったなあ」という出来事も、ありました。
各社の名誉のために、具体的な名前をあげることは差し控えますが、
資料請求フォームを用意しておきながら、「面談をしないと、資料を提供できない」と言い出す事業者さんもありました。
なんの参考にもならないようなPDFを、メールでぽんっと送ってきただけ、というところもありました。
「嫌だな」と感じる程、しつこく売り込みの電話をかけてくるところもありました。
こちらとしては資料請求をしただけなのに、面談のアポイント(=しかも自宅で)をいきなり入れてこようとする事業者さんもありました。(これはさすがにちょっと怖かったです)

それもこれも、今となっては、いい経験・勉強だったな、と割り切っていますが、
せっかく本記事を御覧頂いている読者様には、余計な回り道は避けて頂きたいので、

本記事では、私が資料請求をしてきた37社の中から、
「この会社さんなら、資料請求をしてみても大丈夫。」
「この会社さんには、資料請求をしてみるだけの価値がある。」
という事業者を、3社だけ、ご紹介します。

少なくとも、この3社に限っては、

  • (当たり前のことですが…)きちんと、ちゃんとした資料を送ってきてくれました。
  • 他の多くの不動産業者とは違う、「その業者ならでは」の強み・メリットを、有していました。
  • 資料請求後、しつこい電話営業等はありませんでした。
  • 送ってきてくれた資料も、実際、非常に勉強になるものばかりでした。

要は、
「実際に不動産投資を始める前に、この会社と接することが出来て、良かった」
と思える会社さんでした。

不動産投資を始めるにあたり、まずは資料請求から、とお考えならば、
とりあえず、下記の会社さんたちから始めてみることをお勧めします。

40社弱の不動産投資会社に資料請求してきた私が、経験に基づき、素直にお勧めするとしたら、この3社。

早速、1社さんずつ、紹介していきます。

資料請求してみるべき不動産投資会社【その1】

最初にご紹介させて頂くのは、【いえーるコンシェル不動産投資版】です。


引用元:いえーるコンシェルトップページより引用。

一般財団法人不動産適正取引推進機構(※宅建試験を実施しているのがこの機構です)の調べによると、
日本には、12万を超える、宅建業者(不動産業者)が存在しています。


引用元:http://www.retio.or.jp/toukei/pdf/stat_g.pdf

この中から、
・親切で、
・経験豊富で、
・誠実な、
長きにわたる不動産投資のパートナーとしてふさわしい事業者を、
”自力で”探していく、というのは、
実際問題、至難のわざです。(※というか、現実的ではありません)

いえーるコンシェルの強みは、
日本にそれだけ大量にある不動産業者の中から、
同社が独自基準で選定した、厳選数社に、
あくまでもターゲットを限定して、資料請求ができますよう、という点です。
=わたしたち投資家の個人情報を、無駄にばらまく必要がなくなるわけです。

実際に資料請求を行うまえに、いろいろと調べさせて頂いたのですが、
いえーるコンシェルを運営している、iyell株式会社っていう会社、結構面白いんですよ。

住宅ローンとか、不動産会社・物件などに関する、情報ポータルサイトの運営もやってますし、
マイホーム物件の専門情報サイトも運営してます。

特に面白いのが、
”不動産【会社】に関する口コミサイト”を、自社で運営してるんですよね。
しかも、わたしが調べた時点で、すでに2,500件以上の口コミも集まってたりして。


引用元:不動産業者に関する口コミサイト「いえーるコンシェル」より引用。

要は、同社の中(データベース)には、
不動産【会社】に関する第三者評価情報が、たっぷりたまっており、
同社としては、そうした情報を総合勘案して、お勧めの不動産事業者を絞り込んでいる、というわけです。

こりゃあ面白いな、ということで、わたしも実際に、いえーるコンシェルを通し、同社が選定した数社に資料請求をさせていただいたわけですが、
期待は裏切られることなく、
いずれも素敵な会社さんたちで、資料もしっかりした内容でした。

※わたしが実際にいえーるコンシェルを通して資料請求をしてみたときの過去記事はこちら。

【不動産投資会社Best4に一括資料請求】いえーるコンシェルに資料請求してみた

わたしたち個人投資家が、自力で1社ずつ、数ある(=前述致しましたように、全部で12万事業者以上、あります…)不動産会社の中から、「これぞ」という不動産会社を選んでいくのは、確かに、なかなか大変ですから、
こうしたサービスを使用してみる、という選択は、十分に”あり”だと思います。
というより、よくわからぬ業者に、大切な個人情報を渡すよりは、
こういう第三者サービスを使用して、情報の提供先を厳選したほうが、保安の観点からも、ベターだと思います。

ご興味ある方は、こちらの公式ページからどうぞ。
↓↓
【いえーるコンシェル不動産投資版】(公式)

資料請求してみるべき不動産投資会社【その2】

いきなり大口の投資はこわい。まずは”一口”くらいから、にしたい。
そんな方は、【一口家主】にも一緒に資料請求しておくとよいと思います。

文字通り、一口から、
具体的には50万円から、マンション投資が出来るサービスです。


引用元:一口家主のトップページより引用。

他の投資方の皆さんと相乗りで投資するようなイメージとなりますが、
実際に投資する先のマンションは、コンシェリア、っていう、人気のブランドマンションになります。
入居率99%っていうんだから、大したものです。


引用元:一口家主ホームページより引用。

ちょっとした変わり種ではありますが、不動産投資に関する視野を広げる、と言う意味で、
上記2社とあわせて一緒に資料請求しておくと、届く資料も楽しめるというものです。

ご興味ある方は、こちらの公式ページからどうぞ。
↓↓
【一口家主】(公式)

一口家主について調べてみたときの記事はこちら。

クレアスライフの「一口家主iAsset」に資料請求してみた

資料請求してみるべき不動産投資会社【その3】

「付き合うなら、やっぱり東証一部上場企業」という方は、TATERU
にも忘れずに資料請求しておきましょう。
同サービスの運営会社「株式会社TATERU」は、押しも押されぬ東証一部上場企業さんです。


引用元:TATERU Apartmentのトップページより引用。

サービス内容にもさすがに特長があり、
IoTをフル活用した「TATERU Kit」など、
資料を見ているだけでワクワクします。


引用元:TATERU Apartmentのホームページより引用。

土地選定から融資相談、建築確認申請、
さらには、その後の賃貸経営・運営についても、ワンストップでサポートしてくれるので、
いざ、慣れない不動産投資・賃貸経営に乗り出すときも、サポート役として、頼もしいですね。

何はともあれ、情報収集からは外せぬ大手となりますので、資料請求だけしておいて損はないでしょう。

ご興味ある方は、こちらの公式ページからどうぞ。
↓↓
TATERU(公式)

TATERU Apartmentへの資料請求前、同社についていろいろ調べたときの記事はこちら。

TATERUに資料請求してみました。

まとめ

以上、わたしの実際の経験に基づき、
これまで37社、資料請求をしてきたうち、おすすめの3社を、ご紹介させて頂きました。

ちょっと長くなってしまったので、
本記事で取り上げた会社さんについて、あらためて、まとめておきます。

少しでも、ご参考に為さって頂ければ、
ブログ管理人として、嬉しい限りです。

なお、管理人へのご質問は、いつでもお問い合わせフォームからお受付しておりますので、
これから不動産投資を始めてみよう、という方、お気軽に、ご質問・ご連絡下さい。是非一緒に、勉強しましょう!

なお、「〇〇という不動産会社にも興味がある。ブログ主から、資料請求してみて、結果をブログで教えてよ!」というリクエストがありましたら、
同じく、上記フォームから、お気軽にお寄せ下さい。
早速資料請求してみます。

それでは、本日はここまで!
また次の記事にて、お会いしましょう!